看護師 求人 看護師 派遣

みのりの車両

リゾートみのりの車両:乗務員さん

車両の乗組員は運転手さん1名のほかに、車掌さんが2名で運行されています。
車掌さんのうち1名は後部車両の方にいて、もう一人の車掌さんは運転席側と後部
車両を行き来しています。

みのりの車掌さん
こちらの方が車掌長のようです。

みのりの車両長

乗客の方がしきりに話しかけるのに丁寧に応対していました。

決して、おしゃべりでサボッている訳ではないですよー。

 


リゾートみのり 車両の特徴

とても豪華で鮮やかな印象を受ける「みのり」の車両ですが、みちのくを走る陸羽東線な
らではの由来があるのです。

車両のデザインイメージは、鮮やかな『紅葉』をイメージさせる【深緋(こきひ)色】と【漆黒
(しっこく)】との組み合わせにより、上質感漂う色使いになっています。

みのり正面より

▲沿線に広がる田園風景の「稲穂」をイメージした【メタリックゴールド】のラインは豊かさを
表現しています。

みのり車両側面
■前面には伊達政宗の兜をイメージした【アンティークゴールド】の装飾を配し、力強さをアピール。


みのりボディーのロゴ

■「みのり」のロゴマークにも、字体や色合いから気品が感じられますね。
みのり行き先表示新庄駅

▲行先表示のサイドボード 「快速 新庄」行きです。

■側面の出入り口部分には【メタリックシルバー】を配し、落ち着きの中に華やかさを
 持たせました。

みのり車両側面

新庄駅にて
みのり新庄駅停車中
▲リゾートみのりのボディーカラーは、雪もよく映えるようでよく似合っています。



リゾートみのり 車両・料金の案内

「リゾートみのり」の車両案内


≪キハ48系気動車 3両編成≫

みのりの車両番号みのりの車両番号(定員)

■定員104名 (1号車:34名  2号車:36名  3号車:34名)


■座席は全席指定で、事前に指定席を購入します。車内は全車両禁煙。
仙台~小牛田間は、土・日・祝日のみ運行しており、その際は「仙台~新庄」区間を
走行します。 


■乗車券の他に事前に指定席券が必要です。指定席券は、大人510円、こども250円。


リゾートみのりの料金・切符


みのり切符
キップを仙台駅のみどりの窓口で購入。乗車券は「仙台~新庄を当日の往復で」と係員
にいいましたら、「南東北フリーエリア」切符がお得とのこと。
●乗車券:「南東北フリーエリア」切符 2,400円(当日限り有効)


みのり号は全席指定席なので、他に指定席券が必要です。
みのり特急券
指定席券 (片道) おとな510円 こども250円
合計すると、大人1人 仙台~新庄当日の往復で3,420円になります。


切符の購入は、利用1ヶ月前の午前10時よりみどりの窓口・びゅうぷらざ・主な旅行
会社で発売しています。


リゾートみのり車両:イベントスペース

3両編成の真ん中、2号車にはイベントスペースが配置されており、リゾートみのりの
旅の思い出に残る催しもの等が開かれ、旅を演出します。

イベントスペース
かなり広い面積をとってあって、ちょっとしたステージって感じです。

イベントスペースシート
イベントスペースに設置のシート。2人掛け×2席用意されています。


イベントスペースTV
モニターTVもあり、各エリアの観光情報を紹介しています。この時はちょうど『仙台・宮城
デスティネーションキャンペーン』が実施中でしたので、宮城の各観光地の紹介ビデオを
ずっと流していました。


イベントスペース展示物


イベントスペース展示
壁には周辺観光地のガイド冊子が掛けてあり、各地の魅力をアピール。


この日は残念ながらイベントスペースでのイベント開催はありませんでした。

企画としては、「新庄民話の会による語り部」として、最上地方に伝わる素朴な民話を
地元の言葉で語るイベントなどが予定されています。(10~12月の 毎週日曜日予定)
次回は、ぜひ最上弁の民話聞いてみたいものです。


リゾートみのり車両:展望スペース

1・3号車運転席の側は、沿線の景色を大パノラマで映し出す大きな車窓が魅力の
展望スペースになっています。
展望スペース

展望スペース横

窓が縦長で横幅もワイド。ジョイフルトレインらしく、沿線の景色が満喫できるようになって
います。こんな感じで・・・

みのり大きな窓


展望スペースの椅子
背もたれが可動式の椅子に座わり、絶景を独り占めするもよし。

展望スペースの親子
親子で楽しく過ごすもよし。

展望スペースには記念スタンプも用意されています。
記念スタンプ

記念スタンプの台紙
リゾートみのりの旅の思い出に、専用用紙に押してきました。


運転席側には、紙製(?)の模型も飾ってありました。
も展望スペースの模型


真ん中の列車がみのり号なんですが、わかるかな?
みのりの紙模型


リゾートみのり車両:座席シート

【普通車指定席】

車内の座席シートは鳴子峡などの紅葉をイメージして温かみのある色合いで統一。

シート前方より
シート前方より
快適な列車の旅を楽しめるように、ゆったりとくつろげるリクライニングシートを採用。

座席側面

シートピッチ1,200mmのゆとり設計で足元広々。脚を目いっぱい伸ばしてもぶつか
らず、とても快適でした。前の乗客に気を使わなくてよいのは、長旅にはすごく快適
でいいですね。

座席シートカバー

シートカバーの柄

シート柄は鳴子峡をモチーフにした模様と色彩。鳴子の紅葉スポットで一番有名
な鳴子峡入口の「鳴子橋」、そして紅葉のシンボル「モミジ」の絵柄です。

シート後ろから

こちらの1人掛けシートは車いすスペースとなっています。1号車・3号車にそれぞれ
2席づつ用意されています。

もちろんトイレも車いす対応となっており、安心して乗車になれます。
トイレ


座席シートは、通常のテーブルに加えて肘掛にもテーブルが収納されているスグレモノ
のシートです。
シートの肘掛

ここの肘掛のフタをー
シートの肘掛2

パカッと開けるとー
シート肘掛3

あ~ら不思議、テーブルがもう1つ出てきました。


車両カーテン

最後に、カーテンはごく普通の白でした。




【車両の扉】
車両の扉車両の扉2

車両間の扉は、グレー調にメタリックの枠どりで、重量感のある作りとなっています。




【夜の車内の様子】
復路の新庄~仙台間では辺りも暗くなり、車内の照明が目立ちます。

夜の車内

黒い淵の照明が映えて、シャンデリアのような雰囲気がありました。ゴージャス・リッチ
な雰囲気です!



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0